近野成美さんコメント

姫子は、“かさぶた剥がし”という少し変わった趣味を持っていますが、誰よりも純粋で一生懸命な女の子。いつも空回りしてしまうキャラクターですが、無理に変にしよう、面白くしようとは考えず、私自身が“姫子”と向き合うようにしました。
三城監督とはいろんなお話をしながら撮影をしましたが、“姫子という人が、想像していた以上に血の通った人になった”と言っていただいたことがすごく嬉しく、心に残っています。自室でのひとり芝居のシーンは、アドリブを入れて楽しむこともできました。
自分に自信がなくて前に踏み出せずにいた女の子が、ひとりの男の子や友達の支えがあって、少しずつ自分を好きになって成長していく姿や、不器用だけど、何に対しても一生懸命な姫子を見ていただけたらと思います。