「希望」

 

キミとはもう一人の自分?

いつだってあなたは、一人で戦っている気がする。

(あぁ、でも人間は所詮孤独なものですよね)

無になりたい自分おと、まだまだ貪欲でいたい自分。

それはとても価値のある悩みだと思う。

求められる、必要とされる、期待される。。。

その重さは他人には到底わからない。

 

答えなんかないよね。きっと。

毎日やっていること、感じていることが

その人そのものだから。

 

あなたを知ってしまった私に、何ができるだろうか。

あなたの葛藤を横目で見ながら、また確実に高く跳んでいる姿を望んでしまう。

 

 

******

山田君の最大のライバルは、彼自身だと思いました。

目標を他におくのではなく、常に自分自身の矛盾や不安と戦い、

ひとすじの希望を見つけることで、もう一人の自分を征しているような。。。

 

きっとまだまだ「ボク」も「キミ」も背を向ける事はないでしょう。

同じ方向を目指していくはずです。

でも決してひとつになることもないと思います。

それは「妥協」という結論になりそうだから。

 

「心に憧れた頭の男」での表現は、

何の役柄も持たない、山田孝之自身の独白の舞台。

そんな気がしています。

                               (鶴)