人はとても弱い。

自分を護ってくれるはずの家族の前でも

嫌われたくないと嘘をつく。

他人にはなおさら。

山田孝之という人は、齢24年という

若さで常に“自分”で居ようとしている。

特別に自分をひけらかさず、卑下も

せず…以前は、そういう姿に痛さを

感じ、生き急ぐなと声を出したくなる

こともあった。

連載することが決まってあわてて引出し

たものではなく、以前から溜めていた

という言葉という心模様。

彼の言葉の一語には、表と裏の二意

があり、示す先には未来がある、心が

ある。ぽつりぽつりとこぼれ落ちる言の

葉を集めると、彼の全てを観じることが

できるのだろうか。

 

             井上由美