連載4回めで、初めて感想を送ります。

 

何も考えずに「希望」を読んだ時、

「ボク」 を ヤマダさん

「キミ」 を ワタシ

と捉えて読み、何ともいえない悲しいような、さみしい気持ちになりました。

 

その後、何度も読み返し

「ボク」 は ダレ?

「キミ」 は ダレ?

 

「ボク」は何に限界を感じているの?

どんな所に立っているの?

その場所からナニがみえるの?

 

「キミ」の望みは ナニ?

「キミ」は「ボク」に何を求めているの?

 

疑問符だらけで、答えを何もみつけることが

できませんでした。

でも 反転の文字のように 表裏が一体となり

みえているモノ 聞いたモノ 感じたコトが

すべて真実とはかぎりませんよね。

 

「ボク」がヤマダさんだとして

立っている場所、みえているモノが何か私にはわからないけど

少しでもヤマダさんがみえるように、その場所から

ヤマダさんをさがします。遠い場所からでも…

 

いつでも応援しています。

逃げる時も時には必要です。

「人」って強くて弱いですね。

たくさんの言葉を山田さんに送ります。

 

山田さん 「アリガトウ」

本当に いつも ありがとう。

                     ペンネーム 「カール」