咲田 花菜・著

 

 

黒と白の世界。

僕はここに迷い込んだ。

机も壁も、全部色なんて無くて、

でも、それに何かを感じるわけでもなくて、

ただ、この世界を歩く。

 

僕が見つけた一つのゆりかご。

それは、色は無いけれど、

中には七色に光るものがあって、

それを見た僕は、

色んな感情が溢れだした。

 

さあ、行こうか。

僕は、光の世界へ歩き出す。