あさみ・著

 

 

『ボクから見える世界』

 

 

ぼくから見える世界には白い天井と、ぼくを見ている君しか無い

 

僕から見える世界には、この狭い部屋とゆりかごに眠る君しか無い

 

 

「ねえ、この世界には君しかいないの?」

 

「何をいっているんだ、君もいるじゃあないか」

 

 

「そうか、ボクもいたんだ・・・・」

 

 

ぼくから見える世界には白い天井と、ぼくを見ている君しか無い

でも、ぼくもいるんだ

 

 

僕から見える世界には、この狭い部屋とゆりかごに眠る君しか無い

でも、僕もいるんだ