« | トップページ | »

2010年1月20日 (水)

26日(土)公開! 

「抱擁のかけら」ポストカード&プレスシート(非売品)をプレゼント!!


Poster_2

2月6日(土)に公開される、ペネロペ・クルス主演の『抱擁のかけら』公開を記念して、ポストカード&プレスシート(非売品)を5名様にプレゼント致します!!

<STORY>
脚本家のハリー・ケイン(ルイス・オマール)は、ある事件をきっかけに名前を変え、違う人生を生きている。14年前、ハリーは本名であるマテオ・ブランコを名乗り、映画監督として活躍していた。しかし、その事件で視力を失った彼は、映画監督という職業を捨て、人生をかけて愛した女性レナ(ペネロペ・クルス)のことも心の奥底に封印した。
ある日、ハリーの世話人ジュディット(ブランカ・ポルティージョ)の息子ディエゴ(タマル・ノバス)が事故に遭い、彼はディエゴを看病することになった。そして、おとぎ話を聞かせるように、自分の過去を語り始める…。それは、甘美な恋と激しい嫉妬、恐ろしい裏切りに満ちた男女の愛の物語だった……。

Main


<見どころ>
『オール・アバウト・マイ・マザー』、『トーク・トゥ・ハー』、『ボルベール<帰郷>』の女性讃歌三部作で、世界中の女性たちのハートをつかんだスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督の最新作。主人公レナを演じるのは、『ボルベール〈帰郷〉』でアカデミー賞にノミネートされ、09年に『それでも恋するバルセロナ』で見事アカデミー賞を受賞したペネロペ・クルス。愛すること、愛されること、成功すること…、その全てを手に入れたいと願う"女の中の女"を圧倒的な演技力と存在感で魅せている。そして、生涯をかけると誓った愛が崩壊し、人生までも狂わされてしまったハリーを演じるのは、『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール。このふたりが描く、切なくも激しい愛のドラマは、観る者の涙を誘う。

Guz

<作品概要>
『抱擁のかけら』
出演:ペネロペ・クルス ルイス・オマール ブランカ・ポルティージョ ほか  
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル
配給/松竹
PG-12
URL:http://www.houyou-movie.com/
2010年2月6日新宿ピカデリー、TOHOシネマズ六本木ヒルズ他全国ロードショー
(C)Emilio Pereda&Paola Ardizzoni/El Deseo 


応募締め切り:2月28日(日)まで

応募方法:プレゼントをご希望の方は、必ず作品名とご住所を明記の上、ブログ右上からメールを送って頂くか、コメント欄にメールアドレスとプレゼントを希望する旨を記載して下さい。
みなさまのご応募をお待ちしております!

|

« | トップページ | »

プレゼント」カテゴリの記事

  • (2010.09.30)
  • (2010.09.15)
  • (2010.09.07)
  • (2010.08.20)
  • (2010.08.02)

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/427698/33050809

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »