« | トップページ | »

2009年8月 3日 (月)

映画『九月に降る風』の公開を記念して……。

“九月に降る風に香るインセンス”をプレゼント!!

Main_3

2008 Mei Ah Entertainment Group

昨年の東京国際映画祭「アジアの風」部門で上映され好評を博した『九月に降る風』が829日よりロードショー。その公開を記念して7種類の香りが楽しめる九月に降る風に香るインセンス3名様にプレゼント致します。

Photo_3

[ストーリー]

舞台は台湾、1996年の新竹。学年も生活環境も異なる7人の男子高校生達。彼らは野球場で騒いだり、深夜の学校のプールに忍び込んで裸で泳いだり、屋上で弁当を食べたり……。いつも一緒にいる彼らは学校からも問題児扱いされている。そのリーダー格である3年生のイェン(リディアン・ヴォーン)。同級生のタン(チャン・チエ)は、イェンのことをいつも羨望の眼差しで見つめているのだ。ただ、羨望とともに、嫉妬の思いまでも加わっていた。それはタンが密かに想いを寄せていたブラスバンド部のユン(ジェニファー・チュウ)の恋人が、イェンであるからだ。浮気性のイェンに対しても、純情な気持ちを貫くユンを間近にして、タンはますます惹かれていく。ある夜、イェンの浮気が原因で、タンが乱闘に巻き込まれ、額に傷を負ってしまう。そのせいでふたりの間には微妙な溝が深まっていき……。

[見どころ]

昨年年6月に台湾で封切られるや予想外の大ヒットを記録。マスコミからも「この10年間の台湾映画のベスト」と絶賛された話題作。上海国際映画祭アジア新人賞部門グランプリ、台北映画祭では審査員特別賞、メディア推薦賞、脚本賞、新人賞の4冠に輝いたほか、数々の映画賞を受賞、名実ともに08年の台湾映画界を席巻する一作となった。7人の男子高校生の姿を独特の瑞々しい映像で迫る青春ストーリー。二度と戻らない若かりし日々の輝きを追憶させられるような本格派ヴィルドゥングス・ロマンの登場だ。

Sub01_3

2008 Mei Ah Entertainment Group

[作品概要]

監督・脚本:トム・リン(林書宇) 

出演:リディアン・ヴォーン(鳳小岳)  チャン・チエ(張捷)  ワン・ポーチエ(王柏傑)、チウ・イーチェン(邱翊橙)ほか

提供:アジア・リパブリック 

配給:グアパ・グアポ  アジア・リパブリック

829日(土)より ユーロスペース、シネマート新宿他にて全国順次公開

URLhttp://www.9wind.jp

応募締め切り:829日(土)まで

応募方法:プレゼントをご希望の方は、必ず作品名とご住所を明記の上、ブログ右上からメールを送って頂くか、コメント欄にメールアドレスとプレゼントを希望する旨を記載して下さい。

みなさまのご応募をお待ちしております!

|

« | トップページ | »

プレゼント」カテゴリの記事

  • (2010.09.30)
  • (2010.09.15)
  • (2010.09.07)
  • (2010.08.20)
  • (2010.08.02)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »