« | トップページ | »

2009年7月31日 (金)

85日発売 +act.mini(プラスアクトミニ)06

今、話題沸騰中のドラマ×映画作品をひとつのテーマでクローズアップ!

夏のドラマがより楽しくなる『プラスアクト ミニ』第6弾!!

         

Actmini6_2

ひとつのテーマでドラマ×映画を切り取る『プラスアクトミニ』。今号は、「仲間。」をテーマに、『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』、『赤鼻のセンセイ』、『猿ロック』、『オトメン(乙男)』を大特集! 巻末には、【永久保存版】絶対に観たほうがいい“仲間。”作品120本を併載。また、今のドラマ・日本映画を面白くする俳優をクローズアップしてご紹介するなど、今号も大ボリュームでお届けします!!

1特集 『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』仲間達の挑戦。

 

山下智久

“この半年”で大きく変わったという山下智久。月9ドラマに懸ける秘めたる熱が明らかに

北川景子

大学を卒業して女優業に専念した北川景子が、久しぶりに演じるドラマへのアプローチ方法

伊藤英明

主人公の恋のライバルとして、大人の男の余裕と色気を漂わせる伊藤英明が見せる新しい顔 

『ブザー・ビート~崖っぷちのヒーロー~』撮影現場レポート

作品ページ:ブザー・ビートを決めろ! 夏を彩る等身大の恋愛模様

   

2特集 『赤鼻のセンセイ』に見る院内学級の絆。

   

大泉 洋

これまで演じてきた役の中で、1,2を争うピュアな男と思える石原参太朗役に真摯に向き合う大泉洋

神木隆之介

撮影現場では思わず笑ってしまう神木隆之介が、いまだ笑顔を見せない八重樫に願うこと

作品ページ:生徒を笑顔に導こうと奮起する『赤鼻のセンセイ』の情熱と衝突。

    

3特集 これが『猿ロック』の仲間愛だ!

市原隼人

心の底から役を楽しみテンションを持続させるプロフェッショナル。俳優・市原隼人の神髄を知る

高岡蒼甫

これまでのイメージを覆すキャラクターに挑戦。誰よりもアツい男・高岡蒼甫の情熱的演技論

作品ページ:人情溢れる若者達が飛翔するドラマ『猿ロック』の面々。

     

4特集 『オトメン(乙男)』を囲む恋と仲間達。

岡田将生

乙女心を隠し持つ文武両道兼ね備えた日本男児・正宗飛鳥役で臨む初の連続ドラマ主演への意気込み

夏帆

『天然コケッコー』以来となる岡田将生との共演、そして久しぶりの連続ドラマ出演で思うこと

作品ページ:隠し続けてきた『オトメン(乙男)』の秘密と、ときめき。

  

CLOSE UP!! 今のドラマ・日本映画を支える注目の俳優をご紹介

塚本高史 

自分の信じた道を突き進むスタンスでキャバクラビジネスの“帝王”に挑む、塚本高史の行く末とは?

小泉孝太郎

俳優・小泉孝太郎が役の意思とは関係なく、物語に流されてみたいと思ったニュートラルな感覚

大倉孝二

演劇界の異才が橋田壽賀子ドラマに出演。新たなフィールドで存在感を放つ、大倉孝二という異化効果

福士誠治

“昭和の香り”漂う福士誠治のハマリ役が再び。熱血漢溢れる男・藤堂逸馬の魅力を語る

    

5特集 

お気に入りが必ず見つかる! 絶対に観たほうがいい“仲間。”作品120

|

« | トップページ | »

ニュース」カテゴリの記事

  • (2010.11.01)
  • (2010.10.27)
  • (2010.10.08)
  • (2010.10.18)
  • (2010.10.20)

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/427698/30770588

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | »