« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月20日 (火)

「avex ニュースター・シネマ・コレクション」特別鑑賞券をプレゼント!

若手俳優×気鋭の監督とのコラボレーション「avex ニュースター・シネマ・コレクション」は、エイベックスに所属する若手俳優を自社で育てることを目的としたプロジェクト。今回は5作品を連続で公開し、脚本もすべてこのために書きおろしたという豪華なもの。キャスト、スタッフ、主題歌に至るまで妥協のない企画が練られ、若手俳優たちにとってはこの上ない環境での作品となっている。

公開第1弾となる作品は『かさぶた姫』。“かさぶた剥がしフェチ”というちょっと変わった嗜好を持つ、地味で恋愛ベタなOL・姫子が、飲み会サークル“アクアボーイズ”のパシリである光一と合コンで出会う。徐々に惹かれあうふたりだが、なかなか自分の嗜好を告白できない。誤解が重なり、話は予期せぬ方向へ…。
主演・姫子を演じたのは、映画『ブラブラバンバン』、ドラマ『シバトラ』、舞台『風が強く吹いている』などで活躍中の近野成美さん。
演じなから、姫子から勇気をもらった…という近野成美さんのコメントはコチラ!!

Kasabuta


5作品の公開スケジュール

●『かさぶた姫』 1/24(土)~1/30(金)
 監督 : 三城真一 出演 : 近野成美/相葉弘樹/高山都/武下公美/加藤隆之
●『約束の地』 1/31(土)~2/6(金)
 脚本・監督 : 加納周典 出演 : 伊藤ゆみ/緒形幹太/松田賢二/渋谷亜希 藤真美穂/菅田俊
●『GIRLS LOVE』 2/7(土)~2/13(金)
脚本・監督 : 川上春奈 出演 : 大石参月/下宮里穂子/谷口紗耶香/赤谷奈緒子/有末麻祐子
●『はじめての家出』 2/14(土)~2/20(金)
 脚本・監督 : 菱沼康介 出演 : 金澤美穂/斉藤リナ/米村美咲/佐川大樹/小嶺麗奈
●『年々歳々』 2/21(土)~2/27(金)
 監督 : 安達正軌 出演 : 江野沢愛美/円城寺あや/指出瑞貴/田中柚里佳/宮崎翔太/清水昭博/風間トオル

いずれも、渋谷シアターTSUTAYAにてレイトショー

配給 : エイベックス・エンタテインメント
(C)かさぶた姫


プレゼントをご希望の方は、プレゼント名「avex ニュースター・シネマ・コレクション特別鑑賞券」を明記の上、ブログ右上からメールを送って頂くか、コメント欄にメールアドレスとプレゼントを希望する旨を記載して下さい。抽選の結果は、発送をもってかえさせていただきますので予めご了承ください。みなさんからのご応募をお待ちしています。

応募締め切り 第1回応募締め切り 1月22日(木)2組4名
          第2回応募締め切り 2月5日(木)3組6名

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年1月13日 (火)

独占動画メッセージも初公開! 佐藤健写真集『深呼吸。』握手会レポート

佐藤健セカンド写真集『深呼吸。』の発売を記念した握手会を
1月11日(日)福家書店銀座店にて開催。
限定5000人のファンが駆けつけて下さいました!

Shinkokyu_01_4


 連続ドラマ『メイちゃんの執事』(フジテレビ系)に柴田剣人役で出演中の佐藤健さんセカンド写真集『深呼吸。』が1月11日(日)に発売されました。これを記念して、発売日当日、福家書店銀座店で握手会が行われました。

 10代最後の夏、都会を抜け出し、緑の大地へ旅に出た佐藤健さんが等身大で綴られているこの写真集。その仕上がりについて、次のようなコメントを下さいました。「去年の夏に北海道へ行ってきたんですが、テーマが旅や一人旅だったこともあって、カメラを意識せず初めての北海道を感じることが出来ましたね。車の移動中であっても、自分が気になる風景を見つけたら、撮影する予定のないその場所で撮影したり。だから、本当に旅しているような、凄くナチュラルな僕を写真集で見ることが出来ると思います。ページ数も多くて、北海道の綺麗な自然を撮った写真も多いので、是非見てほしいですね」

H01_3

佐藤健セカンド写真集『深呼吸。』
定価:2,200円(税込)
詳細・ご購入はコチラから↓
http://shop.wani.co.jp/index.php?goods=978-4-8470-4148-8

 初めて行った北海道の感想は「凄く寒いイメージがあったんですが、僕達が行った時期は本当に暖かかったみたいで。むしろ暑かったです」と笑顔で答え、自分の中にあった“北海道”とのギャップに驚いたようですが、北海道の旅を十分に楽しみながら撮影に臨んだ様子。また、撮影中の楽しかったエピソードは、「乗馬が楽しかったですね。もちろんご飯もおいしかったですけど。その写真も入っていますよ」。この写真集の中の好きなカットについては、「たくさん写真があるので1枚を選ぶのが難しいんですが、ちょうど真ん中あたりに湖の写真があります。これを初めて見た時、綺麗な色合いにゾクゾクっとしました。この写真集の良さのひとつでもあるんですが、写真そのものに魅力のあるものが本当に多いです」と表紙にもなっている湖での数カットがお気に入りだとを教えて下さいました。

Shinkokyu_02_2

 ブログ本『400DAYS』に続くこの握手会で、佐藤健さんは駆けつけて下さったファンに一人ひとりに対し「ありがとうございます」と答え、しっかりと握手を交わしていました。『仮面ライダー 電王』から追い続けているお子さん連れのファンの方も数多く見受けられ、中には思わず涙しているファンの姿も…。最後になりましたが、握手会終了後、ファンの方々へ特別にメッセージをいただきましたので、その模様を動画でお届けします! どうぞご覧下さい!!

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2009年1月 9日 (金)

櫻井翔さん表紙のプラスアクト19号、大増刷決定!!

    

Act19web_3      

     

15日発売のプラスアクト19号の増刷が早くも決定致しました!!

みなさんありがとうございます!

今回、ホント~に注文が殺到しておりまして、異例の大増刷をさせて頂くことになりました。書店やネットで買えなかったみなさん申し訳ありませんでした。122日ごろには店頭に並びますので、もう少々お待ち下さい。確実に手に入れて頂くためには、直接書店またはネットにてご注文することをおすすめします。

今後とも、『プラスアクト』『プラスアクト ミニ』の両誌を、よろしくお願い致します。

それでは引き続きプラスアクト19号をお楽しみ下さい!!

        

           

9ページの櫻井翔さんインタビュー部分で表記ミスがありました。2段目の15行目「一点だけ信じて、聞くしかないよね。ほに(後文省略)」という部分ですが「一点だけ信じて、聞くしかないよね。ほかに(後文省略)」が正しい表記となります。また、9ページの3段目49行目に不必要なスペースがありました。

66ページのハンス・カノーザ監督が以前作った作品名に誤りがありました。正しくは『カンバセーションズ』になります。

        

関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びするとともに、ここに訂正させて頂きます。

        

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

『ドロップ』試写会プレゼント!

※試写会日時・場所が変更になりました。ご注意下さい。

成宮寛貴×水嶋ヒロを主演に迎え、品川ヒロシが大ベストセラー小説・コミックを自ら映画化。

      

06220395

『ドロップ』試写状をプレゼント

私立の中学校から“漫画みたいな不良”に憧れて、公立狛江北中学校に転校してきたヒロシ(成宮寛貴)。赤い頭でボンタンを履いた彼は、さっそく不良に目をつけられ、河川敷に呼び出される。そこに待っていたのは、アイドルみたいな顔して極悪非道なカリスマ不良、達也(水嶋ヒロ)だった。いきなり達也とタイマンを張らされることになったヒロシだが、ここでビビッたらおしまいだとがむしゃらに向かっていく。結果としてあっさり達也にぶちのめされるが、その根性と口の上手い性格が気に入られ、転校初日から不良グループの仲間入りを果たすことになる。そしてこの日から、ヒロシの生活は活気づいていく…。

          

原作・脚本・監督:品川ヒロシ
出演:成宮寛貴/水嶋ヒロ/本仮屋ユイカ/上地雄輔/中越典子/浪岡一喜/若月徹(若月)/綾部祐二(ピース)/増田修一朗/住谷正樹(レイザーラモン)


act.ブログでは、本作の特別試写会に1530名様をご招待します! この注目作を、そしてプラスアクトで連載中の増田修一朗の出演作を一足早くご鑑賞下さい!!

========== 試写会詳細 ==========

開催日

311日(水)

開催時間

18:00開場/18:30開映

場所

ヤクルトホール
東京都港区東新橋1-1-19 ヤクルト本社ビル

応募方法

本ブログ右上の[プレゼント]をご覧ください。

応募締め切り

32日までご応募を受け付けいたします。

当選者発表

試写状の発送をもって替えさせていただきます。ご記入いただいた個人情報は、当選した商品の発送以外では使用いたしません。


320日(金・祝) 角川シネマ新宿他全国ロードショー

配給:角川映画

2009「ドロップ」製作委員会

Dropflyback

0711

| | コメント (53) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »