« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

11月5日(水)プラスアクト18号発売!!

         

遂に初表紙&初巻頭特集!

小栗旬、衝撃の大特集!!

           

巻頭特集:小栗旬を起こせ!

満を持して初の表紙・巻頭特集。役柄ではなく、俳優としてでもなく、人間・小栗

旬を徹底追跡。誰も見たことがない小栗旬がここにいる。

貴重なエピソード満載、超周辺の8人が語る“小栗旬のONOFF”  

小栗旬全仕事データファイル【解説付き】

        

Act18_2

         

長瀬智也×福田麻由子

ドイツの名作を大胆にリメイクした『ヘブンズ・ドア』で、ふたりが生み出したケ

ミストリー

        

伊藤英明×内野聖陽 

252 生存者あり』で強い信念を持った兄弟を演じた、ふたりの男の強い姿

         

松田龍平 

デビューしてから10年を迎えた松田龍平が演じるヒーロー!?“悪夢探偵”続編を

探る

        

妻夫木聡 

『ブタがいた教室』を通して、俳優でありながら教育者としての一面を見せてくれ

た妻夫木聡

            

水嶋ヒロ

快進撃を続ける俳優・水嶋ヒロが、『GSワンダーランド』を通して見せた素顔

              

窪塚洋介

俳優として、そしてアーティスト卍LINEとして、窪塚洋介がストレートに語る胸の

うち

                

岡田将生 

作品ごとに成長を見せる岡田将生が演じた、儚く切ない、リアルな魔法遣い

               

高橋克典 

遂に最後!? 高橋克典が語るヒットシリーズ『特命係長 只野仁』への秘めたる

思い

                   

古田新太 

観る者を常に驚かせ楽しませてきた古田新太が演じる、どこにでもいそうな狂人

                

木村佳乃 

海外映画における日本人の立ち位置を変えてくれた作品『ブラインドネス』

                   

徳井義実

『天国にはまだ遠く』で映画初出演を果たした徳井義実は、芸人時よりも素に近

い!?

                 

PLAY act. VOL.5 上川隆也 

映画、ドラマ、そして舞台で観客を魅了してきた上川隆也の芝居魂

                

REPORTact.~撮影現場レポート~

小栗旬×山田孝之×高岡蒼甫×桐谷健太/小西真奈美

              

豪華連載陣

バトンエッセイ 仲里依紗×吉高由里子NAKAYOSHI 「今日はこんな感じ

で。」Baton.04 吉高由里子

松山ケンイチ『愛と平和と憎しみと戦争と…』第七回 

真木よう子 『限りなく東名に近い所をブルーの車で...』date.3

吉田恵輔『蝶のように舞い 猫のようにニャ~』第四回

東京深夜舞台『リアルタイム~なんでもありでしょう?~』vol.4

細野ひで晃『ぺんぺん草に憧れて』 第四回

山田孝之 『心に憧れた頭の男』vol.04

               

特集:『悪夢探偵2』を読み解く。 塚本晋也 ほか

塚地武雅、矢口史靖、柄本時生ほか

         

※加瀬亮連載『友、エリックに』は今回お休みさせて頂きます。

           

いや~今回も凄い豪華なメンバーです。

もちろん、写真とインタビューはプラスアクトでしか見れない、読めない内容とな

っています。

是非、手にとってご覧下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月27日 (月)

『笑える希望』から広がる世界。

みなさん、いつもプラスアクトをご愛読頂き、ありがとうございます。 

大変お待たせいたしました!!

山田孝之さんの連載「心に憧れた頭の男」vol.02『笑える希望』に寄せられたみなさんの感想を掲載させて頂きます。

↓以下、それぞれクリックして下さい。

奈緒子さんの感想を読む

匿名希望さんの感想を読む

開聞岳さんの感想を読む

いちごアイスさんの感想を読む

115日(水)にはプラスアクト18号がいよいよ発売されます。

もちろん「心に憧れた頭の男」vol.04も掲載しています。

ぜひ読んだ後にモヤモヤと出てきた想いを綴って送って下さい!

引き続き「皆さんの感想」紹介コーナーは随時UPしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

プラスアクトミニ3号 10月29日発売!!

表紙:ドラマ『流星の絆』

ドラマ、映画をテーマ別で大特集する『プラスアクト ミニ』第3号!

さまざまな視点から捉えた“絆”をテーマに、堂々完成!!

 

H1_5

 

 

 

第一特集 『流星の絆』が運ぶ兄妹愛と哀しみ。

 

二宮和也 

ひとりの俳優として、今、抱いている芝居に対する想い。より具体的に、想いを込めて語ったこと

錦戸 亮

役者としての活躍も急成長を見せている錦戸亮が、“テンション高め、IQ低め”のキャラクターで更なる進化を遂げる

 

戸田恵梨香

ふたりの兄と企てた詐欺の中で、次々とその容姿を変える“静奈”を演じる楽しみについても語る

 

REPORTact.~撮影現場オン&オフレポート~

徹底分析! 3兄妹が紡ぐ絆のかたち 宮藤官九郎

 

 

 

 

第二特集 『ブラッディ・マンデイ』に見る友情と絆、そして闘い。

 

三浦春馬

お調子者の高校生とウイルステロと闘う天才ハッカー。誤魔化して中途半端に演じたくないこの役への想い

 

佐藤 健

ROOKIES』に続く漫画原作ドラマへの出演となる佐藤健だからこそ見えてきた九条音弥像とは?

 

成宮寛貴

主人公を追い詰めながらも、自分の中の正義を貫く悪の首謀者“J”を演じる面白さ

 

吉沢 悠

デビューして10年。吉沢悠の血となり骨となった体験を全て注ぎ込んだ原作にも脚本にもない霧島悟郎

 

ひと時も目が離せない『ブラッディ・マンデイ』の展開図!?

 

 

 

第三特集 映画×ドラマ『赤い糸』の軌跡。

 

溝端淳平

自分にとって運命の“赤い糸”とは何か? 『赤い糸』という作品を通して見つけた人との出会いの大切さ

 

『赤い糸』の軌跡 南沢奈央

 

 

 

第四特集『櫻の園』で友を想う。

 

福田沙紀 

どこにでもある風景、なんでもないシーンこそ大事に演じたいと言う福田沙紀の演技観

 

柳下 大 

幼馴染みに甘酸っぱい思いを抱く役を演じながら、女の子達ばかりの現場で困惑したこと、楽しかったこと

 

舞台裏から見えてくる 新しい『櫻の園 さくらのその-

 

 

 

 注目の人 CLOSE UP!  日本映画・ドラマを支える注目の俳優・女優をご紹介

 

山田涼介Hey! Say! JUMP 

まだまだ進化を続ける、俳優・山田涼介のひたむきさが見えてくる

 

編集部厳選 秋のドラマ&映画 必見アクター&アクトレス 15

 

 

 

第五特集 お気に入りが絶対見つかる!

絶対に観たほうがいい絆。作品120

様々な絆。で選んだ映画&ドラマ&アニメ作品リスト120

コラム「だから絆。作品は面白い!」 細谷美香

 

 

 

10月29日発売です。これを読んで、ドラマ・映画をより楽しみましょう!!

 

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年10月 3日 (金)

みなさんからの妄想ストーリー第四回

みなさんご無沙汰しております。

松山ケンイチさんの表紙巻頭特集を組ませて頂いた、プラスアクト16号はもちろん読んで頂けましたよね? この号で新たな展開を見せた連載『愛と平和と憎しみと戦争と…』。更に最新号のプラスアクト17号では特別編と題して、この連載に関して松山さんが感じていることをお聞きした特別インタビューを掲載しました。とても貴重なエピソードを聞かせてくれた松山さん。みなさんも普段の連載とは違った感想を持ったのではないでしょうか? この特別編への感想も是非お寄せ下さい。今日は、16号と17号の連載時にみなさんに投稿して頂いた、作品をご紹介したいと思います。

今回は7人の方の作品をご紹介します!

あなたの作品、もしくは友達に作品はありましたか? 編集部でも楽しく読ませて頂き、そしてブログ掲載作品を選ばせて頂いています。それでは、読者の方の力作をご堪能下さい!!

(クリックすると作品が開きます)

「くららさんの作品」を読む

「イノブタさんの作品」を読む

「ももちゃんさんの作品」を読む

「熊谷裕さんの作品」を読む

「サキさんの作品」を読む

「Nさんの作品」を読む

「shiQさんの作品」を読む

次号のプラスアクト18号は115日発売です。もちろん松山さんの連載『愛と平和と憎しみと戦争と…』もありますので、お楽しみに! 

それでは、今後ともプラスアクトをよろしくお願いします!!

“妄想ストーリー”の応募方法はコチラ→「more info」

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »