« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月20日 (水)

佐藤健さん初のブログ本『400DAYS』の発売を記念して、
8月17日(日)福家書店銀座店にて握手会を開催いたしました!!

040_5


↑こちらの写真は、握手会開始前の佐藤健さん。

071_3


 ドラマ『ROOKIES』(TBS系)の岡田優也役で人気急上昇中の佐藤健さん。7月28日(月)に、彼のブログ本『400DAYS』が小社から発売された。本書は、今はもう見ることのできないブログ「佐藤健ブログ始めさせていただきます。弱くてごめんね。」を全て収録している。現在のアメブロに移ることが決まった時、ファンから書籍化を願う声が数多く寄せられたという幻のブログだ。そんなかけがえのない佐藤健さんの1日1日を、日めくり感覚で楽しめる前代未聞の824ページにも及ぶ一冊に綴じ込めた。実際に、発売前から予約が殺到し、発売して3日目で重版が決定、1週間にして三刷も決定するという快挙を遂げている。

 

『400DAYS』

400days_4

定価:2,900円(税込)
詳細・ご購入はコチラから↓
https://shop.wani.co.jp/index.php?goods=978-4-8470-1791-9

 この『400DAYS』の増刷を記念して、8月17日(日)、東京の福家書店銀座店にて、握手会が行われた。当握手会は、告知開始から6日目で予定枚数の3500枚に達し、発券が終了してしまったという超プレミアな握手会で、その驚異的な状況からも彼の人気が窺えた。また当日は、あいにくの小雨模様にも拘らず大勢のファンが駆けつけ、福家書店銀座店のイベントとしては歴代3位の動員数を記録している。その時の様子をここでレポート!

058_3

 

 長期間に渡ってブログを書き続けたことについて聞かれた時、佐藤健さんは「もともと文章を書くのが本当に苦手だったんですが、とても楽しかったです。何よりも、ファンの方々のコメントが返ってきたのが嬉しくて。一方通行じゃないと日々感じることが出来たのでここまで続けることが出来ました」と支えてくれたファンへ感謝を述べた。当時のブログでは、書き込めるコメントの数も3000件までに限られていた。そのコメントを佐藤健さん自身は読んでいたようで、「読み始めると止まらなかった」らしい。
 「ブログに載っていた時とは違う写真の使い方をしていたり、1ページ1ページデザインが凝っているので大好きです」と、本書の出来について、本人も満足の様子。「昔の僕を知らない人も、リアルタイムで読んでいた人にも改めて読んでほしいです」とファンへ呼びかけていた。
 また実際にブログを書いている時、「ブログを書こうと思って携帯を開いてから実際に書き上がるまでに2時間かかることもありました。書いている最中にテレビ観ちゃったり、寝ちゃったりもしましたしね(笑)。いつも悩むのはその日の題材で、ネタに困った時はネコでした」と笑いを誘う場面もあった。
 悩んでもブログを書き続けていくことには、「自分がやりたいと思っているので、これからも続けたいです。それに今回のようにひとつの本にまとまったのを見ると、“がんばったな!”って思えますよね」と前向きな姿勢で、今後もブログで彼の様子が見守っていけるようだ。
 『ROOKIES』ですっかりお馴染みになっていたドレッドヘアから一転した今のヘアスタイルの話題になると、「長い髪型が好きなので、無理矢理長くしました。でももう、今日切ります。詳しくはまだ言えないんですけど…」と意味深な言葉を残し、次なるステップが待っていることを匂わせた。「あまり映画はやったことがないので、映画にも挑戦したいです。これからもがんばりますので、応援よろしくお願いします!」と俳優としての意気込みも見せた。

085_3

↑握手会終了後も、笑顔を見せ、元気な佐藤健さん。

 そして、なんと5時間にも及んだファンとの交流に、佐藤健さんは疲れを微塵も見せず、一人ひとりと目線を合わせ笑顔で感謝を伝えていた。また、ファンの中には『仮面ライダー電王』の影響か小さい子供達も多く、腰をかがめて目線を低くして握手をする姿に、佐藤健さんの優しさも垣間見えた温かいイベントとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

8月22日(金)

プラスアクトミニ2号発売!!

いつもプラスアクトブログをご覧頂き、ありがとうございます。

スポーツ”をテーマに『ROOKIES』大特集を組んだ創刊号から、はや3カ月。

みなさまからの熱い声に応えて、遂にプラスアクトミニ2号が発売されます!!

気になる第2号のテーマは“サスペンス”

Mini02_02_3

1特集

クライマックスに向けて衝撃の連続! 『魔王』のゆくえ。

大野智 復讐の鬼=魔王は感情を表に出さない難しい役どころ。今まで多くを語ってこなかった大野智が今の思いを打ち明ける

生田斗真 泥くさい熱血刑事役に引っ張ぱられ、演技を楽しむ、ひとりの俳優としての新たな生田斗真の一面が見えてくる

小林涼子 人のためには労力を惜しまない大きな優しさを持つしおりを、“かっこいい”と語ったその意味

田中圭 ナチュラルな存在感で“秘書然”とする田中圭。今作でみせる、過去への罪と不倫、二重の“うしろめたさ”

忍成修吾 救い難いチンピラの宗田充を友情深い人物に昇華して見せてくれた忍成修吾の演技に対する思い

劇団ひとり 数多くのキャラクターに扮し、役者として高い評価を得ている劇団ひとりが語った役への姿勢と撮影現場

REPORTact.~魔王撮影現場オン&オフレポート~

作品特集:衝撃が走る『魔王』結末への階段&『魔王』×タロットカードから真実が見えてくる!?

 

2特集

熱き男達が繰り広げるサスペンス3作品

『シリウスの道』『6時間後に君は死ぬ』『横山秀夫 ルパンの消息』

栗山千明 女優として独自の道を歩んでいる彼女が、一癖ある独特の価値観を持つクールな派遣社員に挑む

黄川田将也 人懐こい笑顔とフレッシュな空気を漂わせる彼が、役を構築していく過程で見せた意外にも骨太な顔

REPORT act. 内野聖陽 企業に生きる男達の姿を大切に演じた豪華キャストが集まった制作発表会レポート

作品特集:『シリウスの道』の終着点

塚本高史 予知能力を持った青年という非日常な設定の中でも、リアリティーを感じさせる塚本高史の「神秘的な瞳」

真木よう子 不思議な吸引力と多面性を併せ持つ真木よう子が、悲劇的な運命から逃れるため走り続けるたのもしい姿

作品特集:『6時間後に君は死ぬ』プロファイリングデータ

上川隆也 現場の空気に瞬時に呼応するアスリートのような俳優・上川隆也。演技への真摯な姿勢が浮かび上がる

岡田義徳 学生時代の回想と現代が交錯し真実が解明されていく物語展開の中、年齢をも超越する多角的な演技力

作品特集:錯誤する『ルパンの消息』

 

3特集

4つのSに沿って追う『蛇にピアス』

吉高由里子×高良健吾 『蛇にピアス』で共演したふたりが、公開を控えた現在の心境を赤裸々に語る

作品特集:『蛇にピアス』のSadism Sadness Scar Suspense

 

4特集

個性的な住人達の『キキコミ』を覗く

加藤夏希 ストーリーを牽引するキーパーソンとして、盗撮犯を追うため“ちょっと変な住人”にひたすらキキコム

作品特集:『キキコミ』から始まる“まったり超個性ミュージアム”

 

注目の人 CLOSE UP!

後、日本映画・ドラマを支えるであろう注目の若手をご紹介

石黒英雄 『ごくせん』第3シリーズで知名度と人気を博した石黒英雄の今、そしてこれから

中村優一 作品によって色々な面を見せるが、同時に多面的過ぎて実態のつかめない中村優一の本当の姿とは?

中村蒼 永山絢斗 三浦翔平 徳永えり

入江甚儀 山下リオ 賀来賢人 木戸邑弥 石井美絵子 足立梨花

 

5特集

絶対観たほうがいいサスペンス作品120

サスペンス映画&ドラマ&アニメ作品リスト120

コラム「だからサスペンス作品は面白い!」森直人

以上がプラスアクトミニ2号の中身です。

今回も話題の作品、豪華な俳優さんがてんこ盛りです。

是非、8月22日は書店に足を運んで頂き、プラスアクトミニを手にとって下さい!

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »